このサイトでは、皆様の閲覧体験からサイトの改善を目指すことを目的としてCookieの使用に同意いただくことをお願いしております。
このサイトを継続して使用されることにより、Cookieの使用を受け入れて頂いたことになります。
詳しくは、私たちが設定している個人情報保護方針をご覧ください。

FIB回路修正

材料分析

お申込みフォーム

ダウンロード

MA-tek FTP

CSRレポート

環境ストレススクリーニング

環境ストレススクリーニング(ESS)とは、製品に様々な温度、湿度、振動などの環境ストレスを与えることで、製造工程で行われる一般的な機能テストでは検出できない潜在的な欠陥を発見することです。これらの欠陥を早期に発見・除去することで、未熟な製品が出荷される可能性を低減し、ユーザーに安定した製品を提供するために、より効果的な品質管理が可能になります。

 

ESSは、製品の歩留まりを効果的に向上させ、修理(RMA)の回数を減らし、顧客の信頼度を向上させます。

ストレススクリーニング自体は、信頼性テストとは対照的なプロセスです。電子製品のストレススクリーニング方法に含まれる一般的な項目には、温度サイクル、バーンイン、および振動などがあります。

 

下の図は、伝統的なバスタブ曲線で、初期の故障期間(Infant Mortality)ではFails Removed Via Screens、つまりプロセスの欠陥スクリーニングを強調していることを示しています。

 

バスタブ曲線


 

アメリカのIEST(Institute of Environmental Sciences Technology)は、1984年に電子システム製品の環境ストレススクリーニング(ESS)に関する最初の研究報告書を発表しました。

 

この研究報告は、環境ストレススクリーニングによって、市場での製品の故障が大幅に減少することを明らかにしました。また、最適なスクリーニング項目と推奨事項も提案されました。

IESTによるスクリーニングの有効性に関する調査/1984年

 

 

GE社の統計によると、新規設計製品の場合、市場での不具合の割合は次のようになっています。設計不良33%、部品不良34%、プロセス問題33%。 ハイエンド製品に環境ストレススクリーニングを採用すれば、部品や製造プロセスなどに起因する不具合を早期に発見でき、製品の品質を向上させることができます。

 

MA-tekの信頼性ラボは、その能力とキャパシティを拡大しており、部品からシステムレベルの製品までの信頼性試験の全範囲で、さまざまな信頼性コンサルティングと技術サービスを提供しています。

 

 

担当者

名古屋ラボ|営業部

長谷川文哉

: 052-705-1688 ext:1

: 080-5322-2380

: sales_nagoya@ma-tek.com