このサイトでは、皆様の閲覧体験からサイトの改善を目指すことを目的としてCookieの使用に同意いただくことをお願いしております。
このサイトを継続して使用されることにより、Cookieの使用を受け入れて頂いたことになります。
詳しくは、私たちが設定している個人情報保護方針をご覧ください。

FIB回路修正

材料分析

お申込みフォーム

ダウンロード

MA-tek FTP

CSRレポート

LED 寿命試験

LED製品の開発が進み、用途が拡がる現在、要求される品質はアプリケーション毎に異なります。特に、新規プロセスと新規材料の継続的な革新は品質保証に影響を与えます。個々のメーカーによって設定された基準は別として、業界のほとんどは車載向けAECQ-101規格に準拠しています。

 

電圧でテストされる他の電子部品とは異なり、LED製品は電流制御要因で分類されます。LED製品はESDや放熱に非常に敏感であり、これらは耐用年数に大きく影響します。

 

 

実行可能なLEDテスト:

 

  1. 静電気放電(ESD)試験:HBMおよびCDM試験が主になります。
  2. モイスチャーレベル (MSL):表面実装部品(SMD)ごとに部品の階層や分類を管理します。
  3. 熱抵抗(Θth)とTjの推定:高ワット数のLED製品では、より優れた放熱能力を備える必要があります。熱抵抗の測定は、最適な材料と放熱方法を見つけ、製品の寿命を延ばすために不可欠です。
  4. 寿命点灯試験:様々な電流、温度、湿度の組み合わせでテストを行います。
  5. 断続動作寿命 (IOL):実際の使用状況を最もリアルに再現できる、迅速で厳しい試験方法です。
  6. 環境老化試験:屋外で使用される製品は腐食のリスクが高くなります。地域によっては、塩分を含んだシャワーや酸性ガスとの接触が原因となることもあります。
  7. 機械的応力試験:製品の目的や用途、および製品の使用環境に応じて、組み立て後の振動、衝撃など各種応力の影響による製品の欠陥を浮き彫りにします。
  8. 保護等級(IPコード):ハイエンド製品には、高レベルの防水・防塵性が必要です。特にアウトドア製品では、製品の安定性を確保するために厳格なテストを受ける必要があります。
  9. 寿命:一般的な電池寿命試験では、製品の活性化エネルギーを計算することで、より正確な寿命が求められます。
  10. その他の試験:その他の一般的な試験には、はんだ付け性、プレッシャークッカー試験(PCT)、耐熱性などがあります。
  11.  

MA-tekは、LED関連の信頼性試験を提供するだけでなく、プロセス前後の光学特性の違いを直接確認できる積分球を設置し、試験時間を短縮しました。また、LED製品のより安定した試験環境を提供する大規模な温度および湿度試験機を導入しました。

 

 


ESPEC 大型SML2チャンバー


LED 積分球

 

 

担当者

名古屋ラボ|営業部

長谷川文哉

: 052-705-1688 ext:1

: 080-5322-2380

: sales_nagoya@ma-tek.com