このサイトでは、皆様の閲覧体験からサイトの改善を目指すことを目的としてCookieの使用に同意いただくことをお願いしております。
このサイトを継続して使用されることにより、Cookieの使用を受け入れて頂いたことになります。
詳しくは、私たちが設定している個人情報保護方針をご覧ください。

FIB回路修正

材料分析

お申込みフォーム

ダウンロード

MA-tek FTP

CSRレポート

質量分析

質量分析は、既知の物質の定量化、サンプル中の未知の化合物の同定、異なる分子の構造や化学的性質の解明などに用いられる強力な分析手法です。

これは質量と電荷に基づいて分子イオンを分離することにより、化合物の分子量を決定するために用いられます。このプロセスでは、サンプルが断片化された、または断片化されていないガス状のイオンに変換され、その質量と電荷の比(m/z)と相対的な存在量によって特徴付けられます。

 

この技術は基本的に、イオン化エネルギーが分子に与える影響を研究するものです。気相での化学反応に依存しており、イオン種や中性種が形成される際に試料分子が消費されます。

 

 

 

技術コンセプト

質量分析計は、試料から複数のイオンを発生させ、それらを質量電荷比(m/z)に応じて分離し、それぞれのイオンの相対的な存在量を記録する装置です。

化合物の質量分析の最初のステップは、基本的に電子イオン化によって化合物の気相イオンを生成することです。この分子イオンはフラグメンテーションを受けます。この分子イオンは断片化され、分子イオンから派生したプロダクトイオンも同様に断片化されていきます。これらのイオンは、質量電荷比に応じて質量分析計で分離され、その存在量に応じて検出され、分子の質量スペクトルが得られます。このようにして、分子のマススペクトルが得られます。その結果は、イオンの存在量と質量電荷比をプロットして表示されます。

イオンは、その前駆体である分子の性質や構造に関する情報を提供します。純粋な化合物のスペクトルでは、分子イオンが存在する場合、m/zの最高値に現れ(その後に重い同位体を含むイオンが続きます)、その化合物の分子量を示します。

 

装置は3つの主要コンポーネントで構成されています。

  • イオン源:分析対象の物質からガス状のイオンを発生させます。

  • アナライザー:イオンを質量電荷比に応じて特徴的な質量成分に分解します。

  • 検出器:イオンを検出し、分解された各イオン種の相対的な存在量を記録します。

 

さらに、高真空(~10-3~10-5 Pa)を維持しながらイオン源に試料を導入するための試料導入システムや、装置の制御、データの取得・操作、リファレンスライブラリとのスペクトル比較などを行うためのコンピュータが必要となります。

 

 

 

アプリケーション

質量分析は、生物学、化学、物理学、臨床医学、さらには宇宙開発など、さまざまな分野に応用できる強力な技術です。また、法医・薬毒物、メタボロミクス、プロテオミクス、製薬/バイオファーマ、臨床研究など、さまざまな分野に応用できます。

また、質量分析の具体的な用途としては、薬物検査や発見、食品汚染の検出、残留農薬の分析、同位体比の決定、タンパク質の同定、炭素年代測定などがあります

  

 

担当者

名古屋ラボ|営業部

長谷川文哉

: 052-705-1688 ext:1

: 080-5322-2380

: sales_nagoya@ma-tek.com